ヘヴィーオブジェクトSはアニメエディションの上も味わえるアニメで萌えた

妖怪番長は何として見てみると、戯画の表紙があまりにも結果が強くて微笑みました。一目外見の中からちっちゃなキャラクターが出てきているのかといったエラーしてしまうような雰囲気だ。さすがに妖怪番長というだけに、とんでもな人外インスピレーションに溢れていますね。こういう柴田ヨクサル君の品物は、不気味だけど美しいキャラクターが好物を食べようとする段階から始まります。あまり妖怪という感じじゃないですが、なかなか紫色の髪のキャラクターが夢の中で憧憬とわかったという、割と現実的なジョークだ。そんな事をやっていると、月日学園というゼミナールが出てきて、新任教師の木場ヤスオが何だか苦しく地震と台風を批評し始めます。うん、ここまで何が妖怪番長なのかスッキリですが、これは意思に負けいくさなのでしょう。しかも、ここが小学生というから、再び教え子陣は認識出来ていない設計だ。それでも、こういう教員、くんすうを考えに来たのではなくて番長を決めに来たとか、強引に妖怪番長部門へ誘い込んできました。あとは妖怪ジョークだけですが、こういうゼミナール、本当は特別な働きを持つ教え子だらけだったんですね。この日から働きを解放して、番長を決めるというよくわからないお喋りになりました。次いで働き争いで番長セッティングとなりますが、けれども最後に3ユーザー残るのがマミーばっかりとか、番長を決めるのに何がなかなかという感じですね。そんな時、いよいよハゲオヤジヘッドがついた妖怪が登場して、丸ごと舞台の感じは盛り上がります。なので、これを滅ぼした教え子が番長だというわかりやすい要素となります。そうして残る女性教え子陣の働きが貸し出しされていきますが、ぶっちゃけ妖怪よりも女房陣の方が怖かっただ。夢のインサイドへ乱入講じる働きで、しかも憧憬でやった事がリアルになるとか、意外とヤバ過ぎですよ。